2017年09月06日

定休日のお知らせ

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

昨日、福岡にて「 認定補聴器技能者に対する講習会 」 に参加してきました。

これは認定補聴器技能者が

必ず受けなければならない必修の講習会で、5年更新の間に

7課目を受講しなければ、認定補聴器技能者の更新が

できなくなります。

今回の講習の内容は

〇補聴器装用に関する音響・言語

〇補聴器装用希望者への対応

〇補聴器装用に関連する臨床医学

復習も踏まえ、できていること・できていないことを

再認識させてもらい、中身の濃い講習会でした。

IMG_1833.JPG

講習会後には

顔なじみの補聴器専門店のオーナーさんと

情報交換や意見交換を行い、元気をいただいてまいりました。

また、今日からの仕事に活かしていきたいと思います。

それでは今月の定休日をお知らせします。

3日

10日 

17日 

18日 敬老の日 

23日 秋分の日 

24日


尚、電話でのお問い合わせは年中無休で対応いたします。

(電話に出られない場合は、折返し掛けなおさせていただきます。)

また、休日に補聴器のご相談・出張ご希望の方は予約制にて承ります。





posted by きくぞう at 12:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

充電型補聴器について

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

本日は、昨年より各メーカーから発売されている充電型補聴器についてお伝えします。

大きく分けて、2タイプの充電方式を採用しています。
充電池内蔵型のリチウムイオン電池とハイブリッドという謳い文句で登場した銀亜鉛電池と空気電池を併用することができるモデルです。

まず、『リチウムイオン電池』を採用しているメーカーはフォナックとシバントスです。

リチウムイオン電池は日本発というのをご存知でしょうか。
現在、旭化成株式会社の顧問をされている吉野 彰 博士が1985年にリチウムイオン電池の基本概念を確立し1991年に実用化されています。

これを補聴器に採用するには、安全性や電圧の違い(リチウムイオン電池 3,7V/補聴器 1,4V)など様々な問題を克服し誕生しており、「充電池の交換の頻度が少ない」「充電するための時間が短い」など、ユーザーの期待に応えるものとなっています。どちらの補聴器も、完全防水ではありませんが、国際規格のIP68(防水・防塵)を取得しています。

どちらも、3~4時間でフル充電となり24時間使用することが可能です。また、充電を忘れた場合には30分の充電で7時間使用できますので安心です。

充電の使用回数は1,500回程度となりますので、毎日充電した場合で4年~5年は電池交換が不要ということになります。

チャージャーケース-half-open_small.jpg
Cellion-primax_remove-from-charger_950x600px.jpg

大きな違いは、フォナックのオーデオB-R・ボレロB-Rは充電する際に充電器と充電池側が接触する方式をとっています。(接触部にはチタンを採用し湿気、サビ対策はなされています。)それに対しシバントスのセリオンは非接触型のため、湿気の影響を受けにくいとされています。

価格帯はオーデオB-R・ボレロB-Rが片耳¥320,000-~ セリオンが片耳¥243,200-~となっています。共に充電器込みの価格です。

次にご紹介するのが、NJH(株)が販売するベルトーンのレジェンド63DW-RとユニトロンのモクシーフィットRになります。
こちらは従来から補聴器に採用されていた『銀亜鉛電池』を使用したモデルです。

この2器種の特徴は、万一、「充電するのを忘れた」「外出先で充電が切れた」など不測の事態が起きた時、電池枠を取り換えることにより従来の補聴器用電池が使用できるハイブリッド型の採用です。

また、これまでレジェンド63DWやモクシーフィットをご使用中の方も充電器セットを購入するとその恩恵が受けられます。

充電の使用回数は約400回となっていますので、毎日充電をした場合、年1回程度の電池交換が必要です。

レジェンド・モクシー充電.jpg

価格はレジェンド63DW-Rが片耳¥223,200-~ モクシーフィットRが片耳¥201,200-~となります。こちらも充電器セット価格です。

今回ご紹介した補聴器は、これまで補聴器をご利用されてたユーザーのニーズの応える製品です。

●電池の切れるタイミングがわからない
●電池交換が面倒
●充電を忘れた・途中で充電切れになった時に対応できる(急速充電・ハイブリッド)
●使用済みの電池の処分が面倒 etc

気になる方は是非、体験を‼お問い合わせだけでも結構です。



posted by きくぞう at 16:01| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

定休日のお知らせ。

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

毎日毎日、猛暑と熱帯夜で体調がすぐれない方が多いですね。
多分に漏れず、私もその一人です

最近は、外だけではなく家の中でも熱中症になる人が増えているそうです。
そこで耳寄り情報

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。自分で手軽に作れる食塩水もよいでしょう。目安として、1ℓの水に対して1~2g の食塩を加えます。

さらに、長時間のスポーツなど行った場合は塩分だけではなく糖分も補いましょう。エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です。

手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめです。
皆さん、くれぐれも体調管理はしっかりしてくださいね。

それでは、今月の定休日のお知らせです。

6日
11日 山の日
13日 お盆休み
14日   〃 
15日   〃
20日
27日


尚、電話でのお問い合わせは年中無休で対応いたします。
(電話に出られない場合は、折返し掛けなおさせていただきます。)
また、休日に補聴器のご相談・出張ご希望の方は予約制にて承ります。
posted by きくぞう at 10:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

充電型補聴器のお手頃モデル新登場

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

シーメンス・シグニア補聴器から、電池交換がいらない置くだけ充電タイプのセリオンに、お手頃価格のモデルが新発売になりました。これまで、5primax(¥403,200-)と7primax(¥553,200-)の構成でしたが今回、その下のクラス3primax2primaxが追加となりました。価格は片耳価格で3primaxが¥313,000- 2primaxが¥243,000-となっています。

充電については上位器種と変わらず、4時間でフル充電となり約26時間使用できます。また、充電を忘れた場合でも30分充電すれば約7時間使用可能ですので安心ですね。

Cellion-primax_remove-from-charger_950x600px.jpg

お勧めしたい方は

●電池交換が面倒
●電池交換が難しくてできない
●少しでも故障を少なくしたい
●電池切れになるのが心配

などでお困りの方には便利な補聴器と言えます。

興味にある方は、カタログを差し上げます。また、試聴も可能ですので、お問い合わせください。
posted by きくぞう at 15:05| Comment(0) | 新製品 | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

本日発売

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。


本日、フォナック社より充電式の耳掛け型 フォナック ボレロB-Rと目立ちにくい補聴器を追い求め、薄くて、強い、チタン素材を採用したフォナック バートBチタンが発売になりましたので、ご紹介します。

フォナック ボレロB-Rは昨年12月発売し、大変な好評をいただいているフォナック オーデオB-Rの追加器種になります。これまでの補聴器のように電池交換の手間が無い充電式とプログラムの変更も必要ないオートセンスが搭載されており、シンプルな使い方ができる補聴器です。3時間の充電で24時間使用でき、長寿命(1500回充電可能)で信頼性の高いリチウムイオン電池を使用しています。また、通常のボタン電池を使用するフォナック ボレロBもラインアップしており、ボレロBは4クラス(30・50・70・90)から選択、ボレロB-Rは3クラス(50・70・90)から選択可能です。ハウジングカラーは全9色の中から選んでいただけます。

価格は、フォナック ボレロB-Rが¥320,000-~¥580,000- フォナック ボレロBが¥180,000-~¥500,000-となっています。

Packshot_family_Bolero_B_Small-300x209.jpg

次に、フォナック バートBチタンのご紹介です。
近年、オーダーメイド補聴器の市場は右肩下がりの傾向にありますが、その中でCIC/IICといわれる極小の補聴器市場は逆に上向きに推移しており今後も、その傾向が続くと予測されています。フォナック バートBチタンの特徴として、

・チタンシェル
・最新のプラットフォームを採用した初の耳穴型
・3種類のレシーバ(M/P/SP)
・新しいベントオプションの採用
・防水防塵保護等級IP68を取得

これまでのCIC/IICに比べシェルの厚さを薄くすることができるため、より小さく軽く作成することが可能になり更に、チタン合金は高い耐久性と100%リサイクル可能な素材のため、環境にやさしい補聴器です。
こちらのフォナック バートBチタンのラインアップは2クラス(70・90)から選択可能です。
価格は¥390,000-と¥550,000-となっております。

VirtoBTitanium.jpg
Packshot_Virto_B-Titanium_inner_life_small-300x190.jpg

フォナック ボレロB-Rは試聴器を準備していますので、ご興味のある方は是非、見て・触って・聞いてみてください。ご来店お待ちしています。
posted by きくぞう at 11:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする