2019年04月01日

近況と定休日のお知らせ。

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

先月もたくさんのお問い合わせ、

ご相談ありがとうございました。

いよいよ4月1日、新年度の始まりですね。

というか、今日は新元号のが決まる日です。

先程、新元号『令和』が発表になりましたね。

IMG_0378.jpg

あらためて個人的なことで平成を振り返ってみると

昭和63年に結婚し、平成2年に長男・平成6年に次男

平成11年に三男が誕生し、その子供たちも、29歳・

24歳・20歳。それぞれ社会人になり、子供の成長が、

平成そのものでした。

私自身の職業も、補聴器業界に入ったのが昭和62年で

平成に入ってからの30年、メーカーから始まり、

独立して5年目。わが家の基盤になっていると考えると、

感慨深いものがあります。

みなさんは平成にどんな思い出がありますか?

先日テレビを見ていたら、家族4人みんな平成生まれです。

という映像が流れていました。30年だとあり得ること

なんだと、つくづく実感しました😃

次の時代も、平穏な時代になるといいですね。

それでは今月の定休日をお知らせします。
 
7日  
14日 
21日 
28日 
29日 昭和の日

尚、電話でのお問い合わせは年中無休で対応いたします。
(電話に出られない場合は、折返し掛けなおさせていただきます。)

また、休日に補聴器のご相談・出張ご希望の方は予約制にて承ります。
posted by きくぞう at 11:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

キャンペーンと定休日のご案内

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

先月もたくさんのお問い合わせ、

ご相談ありがとうございました。

弥生三月を迎えました。

温かい日も多くなり、活動的になりますね。

先週末、福岡県の八女市に行きましたが、

ちょうど、梅の見ごろに入ってました。

八女市は、梅園もあちこちありますので

行かれてみてはいかがですか?
梅.jpg

私事ですが、3月3日は鹿児島マラソンの

ファンランに参加します。

予報では天気が悪いみたいですが、頑張って

走ってこようと思ってます🏃

また、3月3日は『耳の日』になります。

あらためてご自分の聞こえについて、見なおす

機会にしてはいかがでしょう。

補聴器を検討の方に、朗報です。

本日より3月31日まで、買換えキャンペーンを

行います。お手元にある補聴器・集音器をなんと

1万円で下取ります!壊れていても大丈夫‼

このチャンスを利用して、新しい補聴器で

快適な聞こえを取り戻しませんか?

ご相談・資料請求だけでも構いませんので

お気軽に、お越しください。各種メーカーの

補聴器を取り揃えていますので、ご希望の

補聴器を見つけましょう。

IMG_0321.jpg

それでは今月の定休日をお知らせします。
 
3日  
10日 
17日 
21日 春分の日
24日 
31日

尚、電話でのお問い合わせは年中無休で対応いたします。
(電話に出られない場合は、折返し掛けなおさせていただきます。)

また、休日に補聴器のご相談・出張ご希望の方は予約制にて承ります。
posted by きくぞう at 14:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

スマホ難聴

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

昨日、ニュースで以下のような報道がなされていました。
以前から懸念されていたことではありますが、WHOが公式
に発表したことで、若い人達への警鐘になればと思います。
WHO.jpg
国連は、スマートフォンなどで大音量で音楽を聴くことに
よって、世界の若者のおよそ11億人が難聴になるおそれが
あると警告し、安全な音量に関する新たな指針を発表しました。

WHO=世界保健機関は、世界の12歳から35歳までの
若者のうち、ほぼ半数に当たるおよそ11億人が、長時間、
大きな音に過剰にさらされ、難聴になるおそれがあると
警告していて、その原因として、スマートフォンや
携帯音楽プレーヤーの普及で、イヤホンやヘッドホンを
使って大音量で音楽を聴く人が増えたことや、クラブや
バーで大きな音に接していることなどを指摘しています。

このため、WHOは来月3日の「国際耳の日」を前に、
ITU=国際電気通信連合と合同で安全な音量に関する
新たな指針を発表しました。

それによりますと、1週間の安全な音の大きさの目安は、
地下鉄の車内に相当する80デシベルで40時間までとして
います。

そのうえで、安全な音量で音楽を楽しむために、すべての
スマートフォンや携帯音楽プレーヤーに音量を制限する
機能や、一定期間内にどれくらいの音を聴いたのか表示
する機能を備えるよう求めています。

WHOのテドロス・アダノム事務局長は
「一度失った聴力は戻らないということを理解しなければ
ならない。この指針は若者を守るのに大いに役立つだろう」とコメントしています。
(NHKニュースより抜粋)
posted by きくぞう at 11:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする