2018年08月27日

補聴器と健康寿命

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。


8月も残り5日となりましたね。

子供たちも、夏休みの宿題に追われて

おしりに火が付いているのではないでしょうか

本日は補聴器と健康寿命について、

おはなしします。

日本人の平均寿命は男81,09歳、女87,26歳。

一方で、健康寿命は男72,14歳、女74,79歳と

言われていて、世界一の高齢化社会であり、

いかに健康寿命を延ばしていくかが今後の

課題となってきます。

そこで、皆さんは補聴器!耳の聞こえについて

どのように考えていますか?

昨今、難聴は『認知症の危険因子』であることが

言われています。

その他にも、糖尿病・がん・脳心血管障害にも深い

関係があると、米国の研究で報告されています。

『聞こえる』ということと、『聞き分けられる』

ことは全く違います。

yjimageHVGA1UES.jpg

多くの方が、聞き分けることが困難になっていることを

自覚できていません。

事実、聞こえにくさは自覚しづらいのも確かです。

特に、加齢による聞こえは徐々に、低下していくため

本人も気づかないまま対応が遅れることも

少なくありません。

こんなことはありませんか?

〇テレビの音が大きいといわれる。

〇1対1の会話は大丈夫だけど、複数の会話が難しい。

〇車内やお店の中など、周りに騒音がある場所で会話が

 聞きづらい。

このようなことを自覚または、身近な方から指摘されたら

補聴器を検討する機会かもしれません。

会話を楽しむ。音楽を楽しむ。

人生100年の時代。自分らしく、楽しく過ごすお手伝い!

まさに健康寿命を維持するものになります。

まずはお気軽にご相談ください。

様々な要望に応じて、お客様の聞こえのご相談に

対応します!

※当店定休日にご相談ご希望の場合、予約制で承ります。











posted by きくぞう at 11:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください