2016年03月19日

補聴器購入の心得

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

本日は、補聴器を購入する際の注意点(心得)をお話しします。

はじめに、補聴器を検討する理由です。よく聞く理由は

●ご本人は自覚はあまりないけど、周りから『聞こえていない』と言われた。

●病院や役所に行った時に、話が聞き取れず、聞き返す事が多い。

●テレビが聞こえづらい。

●友達と外出中に、会話が所々聞こず楽しくなかったなど。

自覚がある場合は、補聴器をすんなり受け入れることが多いのですが、周りから勧められた場合、補聴器を買っても使ってもらえないこともあります。

まずは、ご本人が補聴器を使う気持ちがあるかが大事になります。

次に、皆さんが一番気にする価格ですよね。私もよく、来店された方や電話での問い合わせで

『補聴器はいくらぐらいするものですか?』との質問をよくいただきます。

この質問は、専門でこの仕事に携わる者として一番答えにくいものです。

なぜかといいますと、補聴器を選ぶにあたり、装用する方の『聞こえの状態』『日常生活・家族構成』『身体的な状態』『補聴器の形状』など総合的に判断し、補聴器を決めていきます。

ですから、短絡的に『5万円からです。』『10万円からです。』と答えるわけにはいきません。

逆に値段を簡単に答えるお店は、装用者のことはあまり考えていないかもしれません。

まとめとして

● ご本人が聞こえに不満を感じ、改善したいと感じているかを確認する。

● 補聴器の値段については、ご予算が決まっているのであれば教えていただきますと、その中で希望に沿った補聴器を一緒に見つけていいくことができます。

以上を踏まえ、ご相談ください




posted by きくぞう at 11:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

人工内耳相談会

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

CCF20160317.pdf

来る3月26日(土)に、人工内耳相談会が開催されます。

人工内耳友の会(ACITA)鹿児島支部が昨年発足し、初めてのイベントです。

人工内耳とは、補聴器で聴取が難しい高度難聴もしくは聾(ろう)の人に聞こえを取りもどすための医療であり、機器を通じて会話を行えるようにするものです。

近年では保険適用にもなり、以前に比べれば患者さんの負担も少なくなっています。

今回、人工内耳について詳しい話が聞けるようですので興味のある方は是非、参加してみてください。(上記、PDFを参照ください。)
posted by きくぞう at 14:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

春限定色の補聴器

鹿児島市西田の補聴器専門店『鹿児島中央補聴器』のブログへようこそ。

本日はシーメンス補聴器さんの春限定色の、綺麗な補聴器のご紹介

シーメンス補聴器さんほど、カラーバリエーションの多いメーカーはありません。

特に耳穴型についてはシェル(耳の中に入る部分)が最大12色、フェイスプレイト(外側の部分)が最大3色から選ぶことが
できます。※器種によって、指定色があります。

クール‗桜.jpg

ただ今、5月31日まで期間限定色のが発売中です。

補聴器の優先順位として、聞こえをサポートすることが1番ですが『補聴器をもっとおしゃれ』に、ご自身の好きなカラーのものを身に着けて、補聴器を楽しむことも大切ですね。

ご興味のある方は是非、この機会にお問い合わせください。
posted by きくぞう at 14:36| Comment(0) | 補聴器 | 更新情報をチェックする